BOSSのここだけの話

正しい自転車選びをご存じですか?

自転車は『乗り手を疲れさせないもの』を選ぶのがポイントである。
この一言につきます。
 
車両そのものの重量(軽さ、重さ)の軽いものを選ぶ、
と言う声もあるようですが、それは間違い。
軽さを選ぶためにアルミ製、カーボン製を選ぶ基準も間違っている。

それはなぜか?

工業製品における自転車の完成度は、
お世辞でも50%くらいの出来上がりだと思う。
経費を掛けないためのものか、知識が無いのかは判らないが、
幼児車から競技用自転車に至るすべての自転車が「お粗末」の一言です。
 
これを自動車やモーターサイクルに置き換えてみると、
ほんのわずかな距離を走るだけで火を噴くに違いない。
 
フレーム(車台)は溶接によって発生する歪みを正しく処理せず、
そのまま部品を組み付けて完成車にしてあるのが現状です。
カーボン製のフレームにしてもほぼ同様と言える。
 
重量以前に、販売されている自転車がこのような状態なので、
「正しい自転車」を選ぶのが難しいところ。
 

だからこそ知ってほしい『疲れない自転車に仕上げる』BOSSのチューニング!

写真をご覧いただくとお分かりいただけるように、
切削工具で切削していますが、
一部、金属色と塗装部分とに分かれている『歪み』を確認できる。
 
自転車は人力であるにも関わらず、
歪みは処理せずそのままでは、回転させるための摩擦抵抗が大きく、
エネルギーはその抵抗の部分に食われてしまっていると言う事です。
 
回転系(軸受部)部分の切削や研磨作業により
『回す』事にはほとんどエネルギーを必要としない。
従って『疲れない自転車』と言えよう。
 
重量以前に、まず自転車そのもののポテンシャルを引き上げ、
安全で疲れない自転車にすること、
Noahで完成された自転車を選ぶ事こそが「正しい自転車選び」になることでしょう。

お問い合わせフォーム

自転車をつくろう

スタッフ紹介

店舗紹介

営業時間/10:00~19:00
定休日/木曜日
〒665-0827
宝塚市小浜3-10-13-101
info@noah-tunes.com